わがまま放題の赤ん坊にヘトヘトアンドイライラ、そして彼にも

今どきお子さんの私情がひどいです。幼稚園児の息子がいるのですが、家に帰って現れるなり自分の好きなDVDを観たいと話し出し晩まで見せられたり、幼稚園に行かない、湯船に乗らないと言ったり、食事はろくすっぽ食べないのに軽食やジュースを欲しがりまくったり。私情が言えることは家でくつろげて掛かる物証だとも思うので極力こたえてあげたいなとも思うのですが、わたしは私情放題いうくせにこちらの言うことを聞いてくれないと負担が時節に達してブチギレてしまう。言ってはいけないし小さい子に言っても要因ないとわかっているのですが、「そちらの言うことは完全聞いてあげてるのになぜお母さんの言うことは聞いてくれないの!それなら私情いうな!」などと怒鳴ってしまうことも再三。それに加えて帰ってきたパパに出来てなかったことを注意された日光にはとうに神経がマックスだ。ウィークデーまるっきり世帯子育てを手伝ってくれないパーソンにそんなこという権利なんてないと思います!思い出して腹が立ってきたので甘いものでも食べに行ってくる。脱毛ラボ 鼻下

わがまま放題の赤ん坊にヘトヘトアンドイライラ、そして彼にも

ネットのニュースで感銘、世界も感動の日本企業の理念

今日もネットでニュースを見てます。
私は好きなポータルサイトが複数ありますが、いつも驚くことがあります。
ポータルサイトのニュース記事って、各サイトで違うんです。
もちろん主要なニュース記事の内容はどのサイトもほぼ同じ、違うとしても多少です。
ですが、それ以外の内容は違います。
三面おもしろニュース・コラム・ネタ、その他の内容です。

あるポータルサイトを見たら、他のサイトと違う内容が多くて驚いています。
こんな記事もあります。
「“醤油で感動”中国の若者が日本の工場見学」
中国の大学生が日本の醤油メーカー・キッコーマン社の工場を見学、その高品質や企業理念に感銘を受けたそうです。

同社の企業理念に「企業市民」という概念があります。
「企業はその地域社会の理念を尊重し、現地社会にメリットをもたらす姿勢であるべき」という考え方です。
「買い手・売り手・社会の3者が、ともに利益を得る」これを目標とする考え方です。

私もこの企業理念を知り、改めて同社に信頼と好感のイメージを持ちました。
やはり消費者も、こういった理念に共感できる企業を支持したくなります。
こういった企業には今後も世界的に発展してほしいと素直に思いました。

ネットのニュースで感銘、世界も感動の日本企業の理念