二酸化炭素のupと地球温暖化などについて

経済について修練しました。二酸化炭素の以外、メタンやフロンも著しい温室結末をもつ瓦斯だ。これらの瓦斯(温室結末気体)によって地球の温度が宿命どのように変化するかについて、現時点さまざまな追求が行われ、また二酸化炭素の射光の削減、フロンの作製キャンセルなども進められていらっしゃる。フロンは成層圏に入ると日光のUVによって分裂されます。こういうケース生じた塩素がオゾンと循環的応対をひきおこし、オゾンクラスを破壊すると考えられています。オゾンクラスの破壊は地表に到達するUVを増大させて動物や状況関わりに悪影響を及ぼすだけでなく、オゾン分布の変移によって成層圏から地表までの際の温度や大気のスパイラルに効果を加え、日和変動をひき誘い出す予想をもっていらっしゃる。雨水は二酸化炭素が溶け込んでいるため、弱酸性(pH5.6)だ。pHは溶液の酸性・塩基性の並みを映し出す件数で中性では7、塩基性では7より大、酸性では7より小だ。成績が低いほど酸性が著しいだ。さんざっぱら勉強になりました。

二酸化炭素のupと地球温暖化などについて